南国食堂 地球屋

アジア料理と沖縄料理

  アジア料理と沖縄料理
〒859-6408
長崎県佐世保市世知原町栗迎349
TEL 090-97815519
Mail info@chikyuya.net
Home http://www.chikyuya.net
ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  CATEGORY  LINK  PROFILE  OTHERS
<< 満員御礼! | main | 今日の収穫 >>
2011.09.05 Monday

今日の畑仕事

CA3I0317.jpg
たみの子ども、はなも連れて畑へ。

週末の台風の余波で、仮設住宅は倒壊。中の畳マットがドロドロ。

復旧作業のあと、コーヒーを煎れて新聞一時間。

草抜きで小一時間。
抜いた草を野菜の回りにそっと置いていく。
林さんの言う通り、草の植生が変わってきたようにも思う。
名前は知らないけれど、固くて背丈の高い草から、柔らかくてさほど背丈が伸びないものに。

最初の頃に積んだ草が、太陽と雨と風と微生物によって徐々に分解され、
土に還ろうとしている。

この土が、草や野菜の種に生きる力を与え、やがて花実をつけさせる。

地球の公転と共に繰り返される、無限の命のリズム。

人間は、あまりに欲張り過ぎて、制御できない程の知恵と力を持ち過ぎた。
それでも、地球や宇宙の規模で考えれば、意味を為さない。

草ぼうぼうの畑にいると、大津波や原発事故による放射能汚染の被害によって田畑を奪われたお百姓さん達の事を、ふと考える。

大津波被害は、時間が建てばやがて復興するだろう。

だがしかし、放射能汚染の被害にあった地域ではどうだろう?

代々守ってきた田畑を棄てねばならない、精根込めて育てた作物や家畜が出荷できない、できても消費者から敬遠される。

どんなに辛く、苦しく、悔しいだろうか?

家庭菜園に毛の生えたような畑に週何度かしか行かないような僕には、とても想像できない。ごめんなさい。

どうすればいいのだろう?
ちょっくらお茶休憩が、いつの間にか思案暮れる。
コメント
体力的にも知力的にも、代々守ってらした土地から追い出される辛さは計り知れないなぁ〜

これでも原発を推進するのか!!??って怒りが湧くだけだ。
  • Kenny
  • 2011.09.05 Monday 13:08
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
初心者でも簡単においしい野菜が作れます!
3分でできるこの方法を使うと、どんな場所でも今すぐに野菜作りが楽しめます!野菜作り一筋30年のプロ中のプロが、今までの常識をくつがえす、たった3分でできる、あまりにも簡単な家庭菜園方法をお教えします。
  • 簡単ベランダ家庭菜園
  • 2011/09/17 10:12 AM
管理