南国食堂 地球屋

アジア料理と沖縄料理

  アジア料理と沖縄料理
〒859-6408
長崎県佐世保市世知原町栗迎349
TEL 090-97815519
Mail info@chikyuya.net
Home http://www.chikyuya.net
ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  CATEGORY  LINK  PROFILE  OTHERS
<< 知世子 生後3ヶ月 | main | 中倉家と沖津家 宇久島の旅 >>
2016.07.27 Wednesday

田植えから1ヶ月

6月末に田植えした一枚目の田んぼ。


梅雨明けとともにぐんぐん草丈が伸び、順調に分けつして
ワサワサと青い葉がよく茂ってます。

その一週間後に田植えした二枚目は、
しばらく定着が進まず心配しましたが、
これからは順調に育ちそうです。

写真は、一枚目に少しだけ植えた畑苗代の苗の一本植え。


密集しすぎていたせいで、お義父さん曰く、いもち病にかかっているとの事なので、
箱苗代で田植えをして、もったいないので試しに畑苗代の苗も手前に植えてみた。

そもそも、畑苗代の方が苗も大きく育っていたせいもあるので、
同じ箱苗代の一本植えよりもひと回り逞しく育っているように思う。

多いものだと10本くらい分けつしている。

箱苗代の稲は一か所に5、6本くらいと多めに植えた事もあるので
もう結構窮屈そうな気がする。

自然農の本によると、40本以上分けつする事もあるそうなので、
無事収穫できたらそれぞれの株の籾の量や出来具合いを比較してみて
よさそうであれば、来年は畑苗代か田苗代で育苗して
一本植えでやってみたい。

30年以上耕作放棄されていた事もあってか、
水草はほとんど生えておらず、地元の皆さんも興味深々。

たまに田んぼに入ると、水はもう暑いくらいで
泥の中の気泡がプチプチ弾けて気持ちがいい。

家の近くで田植えした事もあり、
田んぼを渡って吹き込まれる風が爽やかで気持ちがいい。

手足の生え始めたおたまじゃくしや、ちっこいカエルでっかいカエル、
ヤゴにミズスマシなど田の生物を観察するのもおもしろい。

知世子と共に、日々成長が楽しみです。
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
管理