南国食堂 地球屋

アジア料理と沖縄料理

  アジア料理と沖縄料理
〒859-6408
長崎県佐世保市世知原町栗迎349
TEL 090-97815519
Mail info@chikyuya.net
Home http://www.chikyuya.net
ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  CATEGORY  LINK  PROFILE  OTHERS
<< 稲刈り開始! | main | 稲刈り終了の夜。娘という存在について考える。 >>
2016.11.04 Friday

この素晴らしい世界

晴天の文化の日 二枚目の田んぼの稲刈り。







知世子さんの見張りは、たみが担当。 ななこさんが稲を刈り倒し、僕が束ねる役割。
僕は小学生の卒業文集で、将来の夢について
あべ辻の料理専門学校に行って、コックさんになり、 引退したら田舎で農業をする
みたいな事を書いたんだよ。なんて話をする。
半分思いつきで書いたし、そんなに深く考えてたわけでもないんだけれど 結果として、まあそれに近いような暮らしを 今している。
まあ、とても褒められたもんじゃないような僕のこれまでではあるけれど、 こうしてななこさんと知世子さん、たみ、たむ、あじこと マイペースで暮らしているというのも、 成るべくしてこうなったんじゃないのかなぁなんても思う。
(結婚するきっかけにもなった交通事故も含めて)
楽チンで優雅なわけでもないけれど、 こうやってえんやこらさと稲刈りしてる今、 きっと多分幸せなんだろうなぁと、 腰を伸ばしながら澄んだ空を仰ぐ。
稲刈りですっかり遅くなってしまったけれど、 川棚町の仙人 けいりゅうさんの奥さん 純子さんのお店 よもぎ屋さんの一周年記念のお祝いに有田へ。
風太郎さんの歌声を、窓の外から知世子さんをだっこして聴く。
窓ガラス越しに、みんなの笑顔。
カモシカみたいに長い足の小梅ちゃんが、 「こっちからよ!」と呼びに来てくれて、 ひゅん!と風のように中に戻る。
バイアンくん、けいりゅうさん、森田さんに ヨーチ ちゃん、小梅ちゃんとふたばちゃん、 坂本さん、由美子さん、ちのちゃん、チカちゃん
みんな昔から知ってるのに、こうやってみんなが一緒っていうのも なんだか久しぶりのような初めてのような。
途中から、たまたま散歩途中の寛子さんも参加。
心地よい空間で、なごやかにノンアルコール打ち上げ夕食会。
気持ちいいなぁ。
日暮れと共に、外はすっかり寒くなったので、 尚の事、お家みたいなお店が心地よい。

風太郎さんの「what awonderful world」そして「前向きな歌」 そんな善き一日でした。
無くなっちゃったんだなぁと思うと、チクリと心が痛むけれど 暖かくていい思い出がたくさん詰まった下京町 地球屋の 去年の風太郎さんのライブから
what a wonderful world

今、気がついたんだけど
この時のライブから1年後、この地球屋を閉めたんだなぁ。

everything gonna be alright
きっと全てはうまくいく
きっと全てはうまくいっている
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
管理