南国食堂 地球屋

アジア料理と沖縄料理

  アジア料理と沖縄料理
〒859-6408
長崎県佐世保市世知原町栗迎349
TEL 090-97815519
Mail info@chikyuya.net
Home http://www.chikyuya.net
ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  CATEGORY  LINK  PROFILE  OTHERS
<< 永遠の前の日 | main | 見えない光がやってきた >>
2017.03.25 Saturday

生きる!

このところの知世子さんの成長ぶりは目覚ましく、 瞬く間に、乳児から乳幼児へと進化し続けている。 二人でお留守番したり、温泉に入ったり、 軽トラにチャイルドシートを乗せてお出かけしたりと 二人の時間や過ごし方も多様化してきた。 一般家庭に比べ、来客や会う人も多いので (現在もフランス人2名逗留中) 人見知りはほとんど無く、ニコニコブンブン愛想を振りまいている。 おっぱいをくれる母親と、もう一人必要な人間として 僕という存在を認識してくれてるのだろうなぁ。 膝の上で静かに確かに寝息をたてる姿と 支えている右手のしびれが 自分が父親なんだという実感と喜びを伝え、 そして、覚悟をひっしりと感じる。 今までにはなかった、不思議な感情。
産まれて満11ヶ月。 お腹の中に居た時よりも、 もうこの娑婆の暮らしの方が長くなっているんだよなぁ。 両の手でスポッと収まるくらいだった小さな身体の生き物も、 倍以上の大きさと重さになって、 感情表現も豊かになって、 寝ている僕らの身体を楽々とよじ登るようにまで成長した。 食欲の旺盛さは、間違いなく僕ら譲り。 これから、二足歩行ができるようになって すっ転んで擦りむいて大泣きしたりしながら ぐんぐん足が速くなって 手加減無しのキックやパンチで泣かされながらも、 その成長を喜び いっちょ前に口応えなんかするもんだから 本気でムカついたり 好きな人が居るらしいとななこさんから聞いて 手当たり次第にオロオロして いつまで一緒にお風呂に入れるんだろうかと不安になって 田島さんとかに相談したり まあ、色々あるんだろうな(笑) 大切な友人シュウさんが今月亡くなったとの知らせを受けて 尚のこと、まだ死にたくない!と思うが こればっかりは誰も分からない事なので、 明日の朝も普通に目覚め 元気に1日1日を大切に楽しみたいなぁと 切に思う。 今更ながらに、僕は僕だけの僕ではなくて 家族や友達、仲間 いろんな人達の僕なんだと シュウさんの死を通じて想う。


コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
管理