南国食堂 地球屋

アジア料理と沖縄料理

  アジア料理と沖縄料理
〒859-6408
長崎県佐世保市世知原町栗迎349
TEL 090-97815519
Mail info@chikyuya.net
Home http://www.chikyuya.net
ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  CATEGORY  LINK  PROFILE  OTHERS
<< 本とわたし | main | 栗とクチナシの花が咲いてます >>
2017.05.14 Sunday

母の背中の思い出

僕の母は、結婚して専業主婦となり、 家を守り僕と妹を育ててくれた。
だから、僕の記憶の中の母はいつも台所に居て、 毎朝食事の準備の音と朝餉の香りで目が覚めていたように思う。
食いしん坊で、いつも腹を空かせていたわんぱく坊主だったので、 家に帰ると「今日おやつ何ー!?」というのが口癖で 子どもが好きそうなスナック菓子じゃないのがちょっとだけ不満ではあったけれど いつも何かしらの手作りおやつで、 「おきっちゃんちはいつもなんか作ってくれてええのぉ」と 友達から言われても「そうなんかのぉ?」と思っていた。
今思えば、身体の事を気遣ってくれたのもあるし、 何より倹約の為の手作りだったんだろうなぁ。
父曰く、「結婚した頃は料理は下手だった」らしい。
色々と勉強して、何度も工夫をしたんだろうなぁ。
口厳しく、典型的亭主関白な父は 仕事から帰宅すると一番風呂に入り 座椅子に座ると絶対一歩も動かず、 「おい、醤油!」「おい、あれ!」と母に指図してるのがなんか嫌で、 ゆっくり食事する暇も無い母が気の毒に思えて 自然と僕が先に動いて取りにいったりするようになった。
今は、家族を支える為、営業職として働きまくっていた父の 家庭内絶対存在感というのもよくわかるし、 心から尊敬している。
酢の物が好きな父の為に、必ず酢の物は一品あったし 父の晩酌の為に一品子どもたちよりおかずが多かった。
父が帰宅するまでは基本僕らも夕食を待ち、 8時を過ぎる連絡がある場合は僕らだけ先に食べて 母は父の帰宅までずっと待っていた。
そんなわけだから、父の帰宅まで台所の母の側で 味見を目当てにうろちょろ料理を見学していたし、 7時過ぎに玄関のチャイムが「ピンポンピンポン!」と鳴らされて 帰宅の合図が鳴ると玄関までお迎えに走ったのも、 「ご飯が食べれる!」という無邪気な喜びだったんだろうなぁと ふと振り返る。
ちなみに、年に何度かチャイムが「ピンポンピンポンピンポンピンポン!!!」と 激しく連打される時は、ケーキのお土産がある時で 猛ダッシュでお迎えに行った。
多分、大きな契約が取れた時だったんだろう。
今みたいに、コンビニやスイーツという存在も無く、 ケーキというものはお誕生日とクリスマスにしかお目にかかれなかった 昭和50年代の話。
1歳になった娘知世子も、僕に似て食いしん坊で 「まんま、まんま!」が口癖。
僕が土間の厨房で料理をしていると、これまでは引き戸の隙間から僕を見ていたが 厨房のレイアウトを変えてからは食器棚が捕まり立ちの良い高さになったので、 頭をひょこっと出してこちらを見ながら「まんま、まんま!」と叫んでいる。









負ぶって作業している時は、肩越しに僕の手元を観察しているので、 「これは人参さん。こうやって切るよ。」なんて解説したりするのも ささやかな幸せを感じる。
やがて自分で歩けるようになったら、「よいしょ!」って言いながら土間に降りてきて 足元でうろちょろするんだろうなぁと想像し、幼き頃の自分と知世子を重ねたりする。
今から40年以上前の時代とは、食事環境も内容も随分変化してしまったけれど、 母から受け継いだ食事の意味や、父から躾けられた作法は ちゃんと知世子にも伝えていけるよう まずもって自分自身がちゃんとしなくてはと思う今日この頃。
今日は母の日。
いつもありがとう。おかあさん。
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
管理