南国食堂 地球屋

アジア料理と沖縄料理

  アジア料理と沖縄料理
〒859-6408
長崎県佐世保市世知原町栗迎349
TEL 090-97815519
Mail info@chikyuya.net
Home http://www.chikyuya.net
ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  CATEGORY  LINK  PROFILE  OTHERS
<< 春の嵐 | main |
2018.04.15 Sunday

小さな人と共に生きてる

あと一週間程で、娘の知世子さんは2歳。 言葉の覚えもかなり早いし、日々うちの敷地や野山で動き回っているせいもあって 足腰の筋力や腹筋背筋もかなりしっかりしている。 ここ1ヶ月で、おまるでの自主的用便打率も4割ちょいとなった。 四十を超えてからの初めての育児で、 これまで諸先輩方の育児や子ども達の成長を見てきたとは言え、 ほんの一、二年でこんなにも急成長するだなんて 予想するゆとりも無かったし、正直びっくりしている日々。 なるほど、小さな人と書いてこどもと読むのだなぁと思う。 小さな人間であり、 ボキャブラリーや文法はまだまだであっても、 一丁前に自分の気持ちをちゃんと言葉で伝えてきて こっちの話す事もかなり理解できている。 大したもんだなぁと思う。 最近じゃ、叱ったら小憎らしい表情で不満の意を表すようにもなった。 知世子さんが1歳半くらいまでは相手にもしてなかった 犬のたみ(今年10歳)も、ちゃんと家族の一員として認識して 知世子さんの歩調に合わせて手綱を適度に緩めながら 二人で散歩をしてくれる。 奈々子さんは今年6月末まで育児休暇、 僕も自宅が職場の兼業主夫という事もあって、 この二年間、だいたい常に一緒に過ごしながら 産まれてからこれまでの成長過程を日々観てこれたのは、 今のこのご時世有り難い事だと思う。 昨日は、初めて僕の背中を一人で立って踏んでくれた。 安里屋ゆんたのサビをほぼ正解レベルで突然歌い出した。 今日の昼間は、農村公園の階段を100段くらい一人で登り、 夕方は、うちの農地の敷地の野道をぐるりと一周たみ達のお散歩で歩いた。 夜、外でお風呂を焚きながら 奈々子さんと知世子さんのやりとりを聞きつつ、 これからの賑やかな我が家と、 同じように物想いにふけりながらお風呂を焚く自分を思った。 知世子さん、うちに来てくれてありがとう。 これからも、父ちゃん母ちゃんをよろしくね。 一年前


半年前


最近













かすり傷ならともかく、事故や怪我にあわせないよう、本気で気をつけていかねばと誓う!
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
管理